acid daze are back

suck me disco

今日の映画:アレックス・ガーランド『エクス・マキナ』

今日は Instagram に上げられるような写真は撮っていない。

アレックス・ガーランドエクス・マキナ』を観た。なかなかの出来。いわゆる AI と人間の恋を描いたスリラーなのだけれど、まったりしている(良く言えばじわじわ真綿で首を絞めるような)サスペンスなので、そのあたり「だるい映画だな……」と思う人も居るかもしれない。まあ、人それぞれだろう。迫力はある。スタンリー・キューブリック『シャイニング』……とまでは行かなくとも、例えばマーク・ロマネクジョナサン・グレイザーを想起させるものはある。

しかし今回の鑑賞は、アリシア・ヴィキャンデルという女優を知ったことが最大の収穫。それでプライムビデオで観たのだけれど、『Woman Addicted To Sex』なるワケの分からない映画(?)がお薦めされて来たので、ここは安全パイを取ってトム・フーパーリリーのすべて』を観ることにした。私の LGBT に関する知識はお粗末なものなので、勉強になればと思っている。

……と書いてしまったけれど、私にとって映画はいつまでも「勉強」のようだ。音楽や本を楽しむように純粋には楽しめない。知識を身につけるためのもの……そんなもったいない時間の過ごし方をしている。