acid daze are back

suck me disco

水色

独身なのですが、これは恋なのではないかなあという感情を抱いています。こんな時ブランキー・ジェット・シティの「水色」の歌詞を連想します。引用はしません。

ロラン・バルト『恋愛のディスクール・断章』の読書が捗ってます。一行も読めなかったのに。これもまた恋心の成せる技なんでしょうか。 

恋愛のディスクール・断章

恋愛のディスクール・断章

 

これまでタイラー・ダーデンの「You are not your wearing clothes.」という言葉に励まされて同じような服を着ていたのですが、それじゃダメですかね……。

Try Everything

今日はハワイアンバンドのコンサートが近所で行われていたので出掛けた。楽しかった。『ズートピア』のテーマ・ソングをカヴァーしておられたので、気に入って原曲の日本語版を聴いている。


Dream Ami / トライ・エヴリシング (Dream Ami version)

Dream Ami さんって凄いですね。虎が目の前に居るのに歌ってるんだから。それとも CG かな。「やるのよ 何度も」というフレーズで卑猥なことを連想してしまったので自分はもうダメだと思った。

大江健三郎『「雨の木」を聴く女たち』を読んでいると無性にマルカム・ラウリー『火山の下』を再読したくなって来たので図書館で借りた。夏に読むのに持って来いの小説だ。

火山の下 (EXLIBRIS CLASSICS) (エクス・リブリス・クラシックス)

火山の下 (EXLIBRIS CLASSICS) (エクス・リブリス・クラシックス)

 

今日もお疲れ様です。

レーザービーム

Perfume の「レーザービーム」を聴くと、「虹色のラブビーム」が「虹色のラグビー部」に聴こえるようになってしまった。


[MV] Perfume「レーザービーム」

突発的にガブリエル・ガルシア=マルケス『族長の秋』を読みたくなったので読んでいる。スラスラと頭の中に入る。マルケスは『百年の孤独』も『族長の秋』も読んだことがないので、ゆっくり読んで行きたい。

族長の秋 他6篇

族長の秋 他6篇

 

そんなところですね。お疲れ様です。

 

レヴィナスと大江

https://www.instagram.com/p/BWomUUWF6g0/

Instagram

コロコロと関心が変わるのが発達障害者の困ったところ。

最近は大江健三郎氏とレヴィナスを読みたいと思っています。

大江健三郎小説〈7〉

大江健三郎小説〈7〉

 
レヴィナス入門 (ちくま新書)

レヴィナス入門 (ちくま新書)

 

レヴィナス・コレクション』も持ってたはずなんだけれど何処かへ行ってしまった。

大江さんの本は『「雨の木」を聴く女たち』を読んでいます。身に沁みる文章です。悪文だという人も居るけれど、個人的にはツボに入って来る文章だと思うんだけどなあ。

レヴィナスは生きづらさを和らげてくれる鎮痛剤みたいなものですね。原文ではなく研究書ばかり読んでるんですけれど。

失われた時を求めて

https://www.instagram.com/p/BWoOJq9FA5N/

Instagram

昨日は発達障害者当事者と家族と支援者の方の集い。色々刺激があった。

今日はマルセル・プルースト失われた時を求めて』の読書が捗った。

失われた時を求めて〈2〉第1篇・スワン家のほうへ〈2〉 (光文社古典新訳文庫)

失われた時を求めて〈2〉第1篇・スワン家のほうへ〈2〉 (光文社古典新訳文庫)

 

読んでも読んでも終わらない。こんな楽しい読書はなかなかない。

Perfume

今日はインスタの写真はなし。一日中苦しんだ。辛かった。暑かったからなのかもしれない。

Perfumeドキュメンタリー映画を観る。常に前のめりな彼女たちの姿勢に励まされた。帰宅して Perfume のアルバムを聴いている。きちんと聴いたことはなかったのだけれど、聴いてみると良いものだなと思う。ただ、そんなに好きになることはないかもしれない。「チョコレイト・ディスコ」や「ポリリズム」のようなシングル曲しか好きになれないのだった。

読書は全然捗らず。活字が頭に入らなかった。ドストエフスキーの『罪と罰』、『後藤明生コレクション』第二巻、町田康屈辱ポンチ』、『新世紀ミュージカル映画進化論』を手にするも全然読めなかった。まあこういう日もある。

職場で発達障害について打ち明けるも、それは「個性」ではないかという話に。なかなかこのあたり伝わらない(あるいは私が納得出来ない)のが困りもの。どうしたら良いものか……。

Everything Must Go

https://www.instagram.com/p/BWW02BSlTer/

Instagram

今年の上半期ナンバー・ワンはケリー・リー・オーウェンスだったかなと思います。 

ケリー・リー・オーウェンス (KELLY LEE OWENS)

ケリー・リー・オーウェンス (KELLY LEE OWENS)

 

コクトー・ツインズとポーティスヘッドが出会ったような(そしてそこにデペッシュ・モードを混ぜたような)音だと思います。

今日の読書は捗らず。後藤明生「誰?」を読んだだけです。 

映画は『EDEN/エデン』を観ました。クラブ・ミュージック(ダフト・パンクとか)が好きなら楽しめると思います。諸行無常だなあ……終わりは始まりだなという東洋的な無常観に貫かれた映画だと思います。 

EDEN/エデン [DVD]

EDEN/エデン [DVD]